ポッチのブログ

役立つ裏技、方法などを、体験談を元に書いています。

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【静電気で、車、ドア】が毎回バチっとなるのを防ぐ方法!

静電気でバチっとなるのが怖い。と思っている方もいらっしゃると思います。特に冬の季節は空気も乾燥し始めてその現象が多発します。車の乗り降りの際に、ドアを閉める瞬間のバチっとなるのには、私自身もうんざりでした。ドキッとするような、本当に強い痛みを発生することもありますね。

 

今回は、何か対策はないものかと、自らが犠牲になり、いろいろと方法を試し、自分自身で試して、克服した方法をご紹介したいと思います。特に乾燥した時期になると、ドアノブに触るたびに痛い思いをすることが多くなってきます。

営業などの仕事の方は、ビジネスホテルに入るたびにこのバチっとする痛みが、恐怖症になるほど、毎回体験するのではないでしょうか。この方法を最後まで見て頂くことによって、その悩みを解消することができます。

 

静電気が起こる原因

まずはそもそも何故このようなバチっとなる現象が起こるのかを前もって知っておくことで、あらゆる生活の中でそれを回避することもできるかもしれません。

・物体同士が擦り合う摩擦によって起こる。

例えば、スリッパで床を歩いているだけでも、摩擦を起こし、静電気がたまります。その状態で尖っている指とドアノブが触れ合うことにより、あのバチっとなる現象が現れます

。また、車の運転の際は、シートと衣類が常に擦り合っているため、静電気が貯まっていきます。そもそも道路を走っているだけで摩擦が起きています。

 

冬に静電気が多い理由

冬は温度、湿度が低くなり、乾燥した状態になります。気温が低くなり、湿度は約40%以下になってくると静電気を貯めやすい状態になります。また、セーターや冬物、あるいは車のシートなどは絶縁体の素材でできていて、電気を貯めやすい状態になっています。

 

対策方法

車の場合:車から降りる時にボディーを触る

運転を終え、車から降りる時に、座ったまま、ドアを開け、車のボディーをまず触って下さい。私は右手でドアを開け、その右手でそのままボディーに触れながら、降ります。この方法で私はそれ以来、一度もバチっとなることは起きていません。もう恐れることはなくなりました。

 

ドアノブの場合:手のひらでドアノブを覆うようにタッチ

ドアに触る際、指のような尖ったところで触れてしまうとバチっとなってしまいます。手のひらでドアノブを平行に押すイメージで触れてからそのまま握ります。

 

あらゆる静電気を回避したい:静電気対策グッズを購入する

私が身をもって試した方法とはいえ、そのバチっと起こることは突然やってくる可能性もあります。生活していく中で、すべてを防ぐことは難しいでしょう。

そのためにも静電気対策グッズが売られています。あらゆる試験を繰り返し、制作された対策グッズは自らが犠牲になって試さずとも解決してくれます。ブレスレッドタイプ、キーホルダータイプ、あるいは帯電防止スプレータイプなどもあります。

PR

まとめ

いかがだったでしょうか。私自身が身をもって試した静電気対策をご紹介させていただきました。この悩みは意外と誰しもが日常で抱えている悩みの一つでもあると思います。はじめのうちは無意識にこの動作に移すことは難しいかもしれません。

しかし、何度も痛い思いをしたこのような現象だからこそ、回避する方法を覚えてしまえば、無意識に回避することができるようになるかもしれません。この方法が少しでも参考になれば幸いです。

他にも様々な裏技記事を書いています。

こちらもどうぞ

 

pochi7pocchi.hatenablog.com

 

pochi7pocchi.hatenablog.com

 

pochi7pocchi.hatenablog.com

 

pochi7pocchi.hatenablog.com

 

よかったらポチっとお願いします⇩

ブログランキング・にほんブログ村へ雑学・豆知識ランキング
雑学・豆知識ランキング